院長紹介とご挨拶

院長紹介

院長挨拶

  私は、昭和58年に大阪市立大学医学部を卒業後、
大阪市立大学医学部整形外科、国立療養所千石莊病院(当時)、大阪掖済会病院などで勤務して参りました。

大阪市立大学では第二病理学教室において骨の生成、 吸収に関する基礎研究を行い
医学博士の学位を授与されました。臨床面においては、整形外科全般の他、人工関節やリウマチの関節外科と脊椎外科の分野で最新の研究・治療を続け、関連施設では主に骨折・外傷の救急医療に携わり、ペインクリニック(痛みの専門治療)も学んで参りました。

最近では、大阪掖済会病院で変形性膝関節症や骨粗鬆症の専門分野での治療・研究を続けるとともに、 身体障害者の医療・福祉や高齢者の在宅医療・リハビリなどの地域医療に取り組んで参りました。

今後はこの “ウマノ整形外科クリニック” におきまして、私が得た知識と経験を十分に発揮し、腰痛 ・膝痛等、リウマチやスポーツ障害、リハビリテーションなどに最新の診断治療を行い、地域医療に微力ながらも貢献したいと思っております。

また、 通院の困難な方への往診や、ご高齢の方々への在宅医療についても積極的に行って参りたいと考えております。
手術等の高度医療にも大阪市立大学医学部や関連病院、東住吉森本病院、医真会八尾総合病院などと連携し、よりよい医療の姿を広い視野で求めていきたいと考えております。

ページ上部へ戻る