平成30年1月の勉強会

平成30年1月24日

「介護食について」の研修を行いました。

場所:デイサービスセンターうさぎ

時間:18:00~19:30

講師:キューピー株式会社 鈴木伸夫さん

出席者40名
アンケート回答者37名
1.研修内容は? : よく分かった 100%  やや分かった 0%   わかりにくかった  0%

2.研修内容に興味が持てた? : 興味が持てた 100% どちらともいえない  0%  興味は持てなかった0%

3.研修が役に立つと思う? : 役に立つ 100%  わからない 0%     役に立たない 0%

研修項目

介護食について

食べることの大切さ

安全に食べるためには

とろみ剤の使い方

 

受講後の感想

・介護食を利用して、寝たきりの利用者さんにうまく栄養とっていただきたいと思います。

・用語の説明等が丁寧で理解しやすかったです。

・思ったよりおいしくてびっくりしました。

・利用者様にもお勧めしたいと思いました。

・介護食の味を知れてよかったです。

・おいしかったです。

・レトルトを実際に食べてみて、思った以上に美味しかったです。

・とろみの付け方が分かり、今後活用していきたいです。

・実際に話だけでなく試食ができて、とても良かったです。

・レトルトの食事を食べて、いろいろなことがわかりました。

・とろみファインが冷たいものでも、炭酸でも使えて、一度ついたとろみが長時間安定すると言うことに驚きました。使う幅も広がって良いと思いました。料理にもプラスして使えるのが嬉しいと思います。

・高齢だからと言って粗食がいいわけではないと言うことがわかりました。

・しっかりとタンパク質や食物繊維をとらないといけないことがわかった。

・市販の食品とうまく合わせて栄養とれば良いことがわかりました。気が楽になりました。

・食べる時間、1回40分以内にする事は知らなかった。

・大きな声での説明で、よくわかった。

・初めて食べてみて、美味しいものだと思った。

・介護職について、いろいろ分かりやすかったし、味もよかったです。

・高齢者の方々にとっては食べることがとても楽しみになっておられることなので、美味しく安全に安心して食べられる食品(介護食)を食べることが大切だと思いました。

・栄養、特にタンパク質は非常に大事であることが分かった。

・「食べてください」と声かけをする事は現場で多くあるが、そもそもなぜそのような声かけをしなければならないのか。味はどうなのか。見た目はどうなのか。食べる雰囲気はどうなのか。利用者様の気持ちにならないといけない。

・試食してみて、高齢者が実際召し上がっている物を知ることができ、勉強になった。

・説明がとても分かりやすかった。

・試食が楽しめた。

・とてもおいしかった。

・お話が上手でわかりやすかった。

関連記事

ページ上部へ戻る